はまちゅうの淡路島発世界一周

みんなお世話になりました、ありがとう。楽しかった。何かおもしろいことやこうすれば淡路島が盛り上がるよってことがあればおしえてください!  →hamachuchu2000@hotmail.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

サイババ(07.05.01)

インドと言えばサイババと言うイメージが強いためインドに来た限りにはサイババに会いに行こうと思っていた。旅の途中でサイババの奇跡に助けられた人に情報をもらいその土地に向かうことにした。さて俺は本当にサイババに会えるのだろうか?そして彼は神なのだろうか?
サイババはブットパルティーに一年のほとんどを過ごすらしいのだが2ヶ月間は転々と移動するらしい。そのため近くの町に行くとサイババはブットパルティーにはいないと教えられ情報がすべて無になってしまった。
そしてサイババがウェイットフィンにいると言う話で一時間かけて静かな町に行ったのだがいない!俺に群がってくるタクシー、売り子、物乞いの人達で
「サイババ探索会議が始まった」
先月まではいたらしい、今はコレッケナムと情報を得て来た道をバテバテで帰った。この時長時間の電車移動とサイババ探索のため疲労蓄積で投げやりになっていた。
そしてバスの予約をとり8時間かけてむかったのだがその町は標高1700Mくらいで今までの暑さが嘘みたいに寒く、山を登るバスはグネグネまがり夜中クラクションが鳴り響きとても寝れたものではなかった。
(これでいなかったらサイババの頭むしってやるからなー)
丸三日動き回りサイババのいる町につくことができた、
サイババに会えるのは早朝と夕方のみ、って宿がない!サイババシーズンのためびっくりするぐらいの値段と空きの無さ・・・ドラゴンクエストみたいな旅してきたんだから宿くらい泊めてよー
HP1もいいとこなのに!
やっとのことで宿を確保しサイババの集まりに向かった。

P1010544.jpg


そこにはすごい信者の行列、服装が場違いなのは俺くらいだったのかもしれない。こんなとこまでくる外国人信者は熱狂的なため服装はととのっていた。
そして待ち時間をサイババの写真をみながら(稲中卓球部にでてきそう)笑ってすごしていた、今思うとホントすみません!
中に案内されるが何重にもなる厳重なボディチェック!持ち物はイスクッション、財布とパスポートと航空券だけが許される(その他もっていたら入れません)
サイババのテーマソングがなり響き周りの信者が歌いだし手をたたきだした!
ヨーロッパ人も歌っている!知らないのはおれだけか? って空気です
「いよいよあえるぞー」
しかし歌が終わらない・・・正式には曲が終わると次の曲が始まり約一時間歌が流れた。
そして姿が見えないがマイクがらサイババの声が聞こえた。
「ナマステ~ナマステ~」
サイババは英語だった!!
とても難しいはなしで理解できなかったが途中何度かサイババが自分で言って自分で笑ってたのがおもしろかったが、途中で俺は寝てしまっていた。
気がついて周りを見渡すとインド人も結構寝ていた、そしてウロウロ歩き回っていてあんまりみんなサイババの話を聞いていなかった!
「信者じゃねーの?」っとききたくなるくらいサイババ無視が続き、話が終わった。
そしてサイババがゆっくり車イスで現れた瞬間周りの空気が変わった、手を掲げ歌う人、地べたに顔を摩り付けて祈る人、瞑想をしている人、泣きだすひと。
そのとき俺は思った。俺が思っていたサイババが神かどうかなどどうでもよかったことだと低次元の話だと後悔した、彼を崇拝し、信じ、祈り、それで救われるひとがいる。
そうサイババは神なのだと思う

現に俺もサイババが現れたときは疲れがなくなったような気がしたしね。ナマステ~


P1010546.jpg


スポンサーサイト
  1. インド

プロフィール

はまちゅう

Author:はまちゅう
世界一周旅行無事終了!英語、旅行経験、お金、全て人並み以下でもいけるし、マジおもろい。でも結局世界一周なんて意味はない。行きたいとこでやりたいことするのが最高やし、出会いが多く、夢の世界は無限に広がっていることにキズイタヨ。とりあえずのんびり世界でダラケて過ごしなよ。みんな愛してるぜ~

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。