はまちゅうの淡路島発世界一周

みんなお世話になりました、ありがとう。楽しかった。何かおもしろいことやこうすれば淡路島が盛り上がるよってことがあればおしえてください!  →hamachuchu2000@hotmail.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

宗教のお話(07.04.28)

 インドで初めてとまったゲストハウスでヒンディー語で言葉をならった。やっぱり旅行させてもらうのだから、挨拶とありがとうだけは礼儀として現地語を使いたい。インドには数多くの宗教が存在しなかでもイスラム、ヒンディーが大半でキリスト、仏教が後に続くみたい。でもどうやらはじめのゲストハウスのオーナーはキリシタン?だったのか教えてもらった言葉が違っていた。『ありがとう』はダンニャバードと言えばインドではまず通じるのだが教えてもらった言葉は『シュクニア』
 道を教えてもらった少年に『シュクニア』っとお礼を言うと少年は固まった。なんかまずかったのかわからないが少年は『ダンニャバード』を使えと言ってきた。そして数日後フランシスコザビエルの眠る土地を訪ねたとき『ダンニャバード』を使うと『シュクニア』と周りのインド人にいっせいに叫ばれた。そのとき全身に鳥肌がたち今まで謎が少しつながった気がした。インドの南の方は昔ポルトガルの植民地だったためキリシタンが多い、だからサリーの女性もすくないし、牛も食えるし異国の感じがする。でもその牛っていったいどこの牛なんだろうか?ここでは野良牛がウロウロしている、どうも昔は乳牛として飼われていたのだが乳がでなくなれば、宗教上食えない牛は邪魔なだけなので野良犬ならぬ野良牛となる。南のほうで食べれる牛はもしそのガリガリの牛でゴミをあさる牛ならと思うとこっちでも牛を食いたいと思わない…
 あと予断なのだが実はインドに高橋歩さんが旅行しているみたいだ。
それを聞いて興奮がさめない俺、その情報をもっていた子が九州のイベントに参加して『じゃーインドで会おうな』っていわれったって。うらやましすぎる。少なからず俺も影響を受けてこの旅行に来ているわけだし、もし会えたらそれだけで最高だ!会いたいなー会いたいなー

※訂正 シュクニアはヒンズー語でした。そしたらキリスト教を広めたザビエルの遺体を保管している教会で働く人はヒンズー教?よくわからなくなったからもうえっか。
スポンサーサイト
  1. インド

プロフィール

はまちゅう

Author:はまちゅう
世界一周旅行無事終了!英語、旅行経験、お金、全て人並み以下でもいけるし、マジおもろい。でも結局世界一周なんて意味はない。行きたいとこでやりたいことするのが最高やし、出会いが多く、夢の世界は無限に広がっていることにキズイタヨ。とりあえずのんびり世界でダラケて過ごしなよ。みんな愛してるぜ~

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。