はまちゅうの淡路島発世界一周

みんなお世話になりました、ありがとう。楽しかった。何かおもしろいことやこうすれば淡路島が盛り上がるよってことがあればおしえてください!  →hamachuchu2000@hotmail.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

はまるるん滞在記(07.10.16)

P1060719.jpg

アンデス山脈の真ん中にインカの伝説も語られるほどの湖がある。
湖の高さは3890m、大きさは琵琶湖の12倍、
ここでどんな物語や出会いがあるのしょうか?
P1060995.jpg

はまちゅうが〜ティティカカ湖で〜ウル族の人々と〜出会った〜
P1060722.jpg

肌寒い風をうけながら湖を渡ってはじめについたのはウロス島。
ここはトトラという草の束を湖に浮かしてできているおもしろい島。
P1060725.jpg

この湖の上で生活している人たち
俺がここで生活することを考えると
きっと不便さを愚痴っていると思います

おまえにゃ無理さ
P1060749.jpg


俺がお邪魔させていただいた家はハ二エルさんの家、
すごく温たかく向かえてくれました。
P1060813.jpg

驚いたのは俺の1つ年上だった、40ぐらいと思っていた
ホントにこっちの人の年がわかりません
P1060838.jpg

ごちそうになった昼ご飯、晩御飯はペルー一番を約束します
家庭料理はマジうまい!
P1060948.jpg

もちろんコンロなんてものはありません、釜で火を炊きます
P1060936.jpg

ご飯のあとは民族衣装に着替えて踊ります!
めちゃくちゃでいいです!ハートで踊ろう!!
P1060954.jpg

1日というのは短いモノですぐにお別れがくるものです
(すみません、感動写真とらせてください-やらせ)

ティティカカ湖生活ホントによかった
ツアーなんだけど、家に泊めてもらえたし、
いい人たちだった。
湖はでかすぎて海に感じてしまって
神秘的なものは感じなかったのが残念だったけど
さらにもっといいものをみれたり、感じれました。
ただ.....
P1060821.jpg

トイレが離れにあり
真暗なので夜トイレが恐いのをのぞいては。
親の田舎もトイレが離れていたから夜はすごく怖かったのを思い出してしまった。
だから、感謝の気持ちと流しきれなかったウンコをおいて、島をさります
ありがとーそして、ごめんなさい
P1060997.jpg

スポンサーサイト
  1. ぺル-

町並みブラッチング(07.10.13)

P1060632.jpg

とりあえず筋肉痛などの疲れを癒すため、クスコの町で静養中
写真でみても実際に来て見てもこの町は美しいと感じることができる。
P1060638.jpg

朝と夕方は冷え込むんだけど、日中はポカポカして気持ちがいい!
クスコ滞在3日目にして初めて観光する気になったためブラブラ~
P1060642.jpg

ただ歩くだけ…この町はそれがいい
P1060636.jpg

週末のクスコは結構にぎわしく、絵に描いたみたい。
P1060649.jpg

週末土曜日だけ行われるフリ-マ-ケット
車のタイヤ、服、食料品、おもちゃ…なんでもそろう
FUCKなものまで!
P1060631.jpg

ねずみ(約500円)
未だに挑戦することのできないクイ…
うまそうなんだけど…少しお値段高め!
何回みても顔が無理だ~!!
P1060630.jpg

  1. ぺル-

天空の城 (07.10.08~11)

 ♪あの地ぃ平線~♪

おなじみのあの南米最強の最大のインカの帝国
マチュピチュ遺跡にいって来ました。
んでもってたぶん日本が体育の日ということでちょろっと歩いて…

マチュピチュまであと28キロのところから歩くことにしたんだけど
方向音痴の俺が道を間違えることは今回はない。
なぜなら線路の上を歩くからだ-!しかし…道は長い。

P1060262.jpg


すでにマチュピチュに着くころには夜になっており、
近くの村で一泊することに。
山々に囲まれたところにマチュピチュ遺跡はあった
P1060313.jpg


海外のことなんて旅行を始めてから知ることがほとんどだったんだけど
このマチュピチュは昔から知っていてどうしてもはずせない場所だった。
そして遺跡も有名なのだが周りの山からみられる絶景も知られている。

ワイナピチュ山 
かなり急で道が狭いが短時間で登れるので
日本の神社でみられる一番乗りの福男を目指すのりで登りましょう!
P1060458.jpg

マチュピチュ山
これはババちびるくらい辛い!
しかし頂上から見られる景色と感動は登った人だけの独占状態!
機会が合っても二度と登ろうと思いません。
P1060466.jpg

プトゥクシ山
道はいたってイ-ジ-!ただ…高所恐怖症の人は苦戦するでしょう!
なぜならかなり急の崖をのぼります。
P1060610.jpg

天気がわるかったのでビショビショ、かつドロドロになりながら
あれが…竜の巣!
P1060588.jpg

3泊4日かけて行ってきたんだけど、マチュピチュだけじゃなく
途中の村や、ハプニングも楽しめてよかった。
でも毎回言うんだけど、しんどいことが嫌いなんです!!
二度と歩いてはいかないぞ!!

なぜ人は山に登るのか?
登っている間は、本当に辛くて苦しくて『もう嫌だ、2度と登るものか』と思い、頂上にいるときにその苦しさを少しの間、忘れられて、でも下山するときに同じ苦しみを味わう。
でもね、時間が経つと苦しかったことの方を鮮明に思い出すようになる。それもひどい思い出じゃなくてすばらしい思い出としてだからこそ、人はまた山に登りたがるのです
BY 美輪明宏

バルス!!
P1060333.jpg

  1. ぺル-

地上の絵(07.10.06)

超高速バス移動でペルーに再び入国し、
有名なナスカにきてます!地上絵が俺の中では気になって仕方がなかった。
地上絵のなぞ
P1060084.jpg

とてつもなくでかい大地のキャンパスに描かれた直線、
図形、動物、植物、魚んでもって宇宙人まで!
宇宙人説、空飛ぶ人間説、星座を表すカレンダーなど、
数多くの学者が数多くの説を唱えている。
何百年も前から存在するこの地上絵の謎にアタックしてみます!
P1060132.jpg

キャプテンはベテランのアンソニー!
お客はいらんことしい日本代表の私でお送りします!
P1060103.jpg

この写真で見えるでしょうか?
山のところになにか書かれています!
キャプテンこれは?
ガチャピン!!
ですよね!!どうやったら宇宙飛行士なんでしょうか?
P1060105.jpg

のっているセスナなんだけど、
飛行機と違い小回りが利くためものすごいGです!
カメラを持った腕があがりません!
でもこんなにハッキリみえるなんてビエン!!クモの地上絵!
P1060116.jpg

ハチドリの地上絵全長96m!
これは超有名!鳥の地上絵がほかよりすこし多いです!
P1060121.jpg
上からみるとちっさ!

P1060123.jpg

手の地上絵?これは認めません!
せめて喜びの地上絵といってほしいです!
P1060128.jpg

でも不思議なのが地上からじゃみえなく、
上空からしか絵がわからないこと。
P1060162.jpg

ミラドールからみた木の地上絵!
P1060155.jpg

俺が推測するには地上絵はナスカ文化人の願いが込められたモノ。
雨が1年通じて大して降らなく、乾燥した気候。
水は昔も今も命を繋ぐものだ。
つまり地上絵が空に関係した物が多いのは
雨乞いをしていたと考えられる。
しかし、ホントのとこは謎!
答えが一つではないとも思う。
もしかすれば、宇宙人が描いたのかもしれない。
地上絵は黒い石や砂をどけて白い地表をだして描かれている
そのことを考えると一生懸命石をどけている宇宙人をみたいし、
信じたくなるし、
宇宙人におっさん何あそびよるんよ!と言ってみたくなってきた。
P1060168.jpg

  1. ぺル-

ワラス(07.09.10)

P1040625.jpg

久々にバスに乗遅れてしまった。
一番怖いのは自分が乗遅れたと思っていなくてバス停で初めて教えられ気付いたことだった。風邪が原因だと思いたい。
P1040688.jpg

ダダをこねたがバスには違うバスには乗せてもらえずチケットを買い直すはめに
P1040696.jpg

ペルーは見所が多い。ナスカ、クスコ、マチュピチュ色々あるがこのワラスは俺の中では外せなかった。
P1040531.jpg

バスを乗り山をずっと登った所にヤンガヌコ湖はあった。
不思議な色をしていた。けど塩っぱくはなかったP1040572.jpg

弱って入る体にムチ打ってあの山の氷河の部分を目指す
P1040838.jpg

氷の層がたまりません
P1040807.jpg

標高5000mちょっと。けど俺の場合高山病とは無縁でした。
酸素薄いです。力がへえ-れねーP1040793.jpg

P1040755.jpg

ファンション業界のドン!リャマ
P1040664.jpg

メーメーメーペーター!
P1040635.jpg

大自然満喫!
P1040767.jpg

ハイジの嘘つき!山に来てもちっとも体がよくならないわ。
クララが喰った!
001.png

  1. ぺル-
次のページ

プロフィール

はまちゅう

Author:はまちゅう
世界一周旅行無事終了!英語、旅行経験、お金、全て人並み以下でもいけるし、マジおもろい。でも結局世界一周なんて意味はない。行きたいとこでやりたいことするのが最高やし、出会いが多く、夢の世界は無限に広がっていることにキズイタヨ。とりあえずのんびり世界でダラケて過ごしなよ。みんな愛してるぜ~

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。